商品檢索
ブランドリスト

 

 

 

ロレックスGMTマスターコピー
第二次大戦後の目まぐるしい航空技術の発展は、航空便の急速な国際化をもたらした。これに伴い、異なるタイムゾーンを行き来する国際便のパイロットの間で、2つの異なるタイムゾーンを表示する時計を求める声が高まった。 1954年、GMTマスター登場。絶対的な信頼性を誇るオイスターケース。他に先駆けて開発されたパーペチュアル機構、デイトジャスト機構を備える優秀なクロノメーター・ムーブメントに24時間針を追加、これと赤と青で昼夜を表現した24時間刻みの回転ベゼルを組み合わせることで、ホームタイムと同時に異なるタイムゾーンの時刻を表示することを可能とした。その発表後もGMTマスターは、ロレックスらしい堅実かつ有意義な改良が重ねられてきたが、中でも特筆すべきは、1983年の単独で修正可能な短針を得たことではないだろうか。この単独で修正可能な短針と24時間針、回転ベゼルの組み合わせでこれまでの2タイムゾーン表示から3タイムゾーン表示が可能になったのである。 21世紀の現代、ファーストモデルの登場から半世紀以上もの時間が経過した。交通手段の更なる発展はもとより、インターネットに象徴されるコミュニケーション手段の革新や情報の多様化、高速化は留まる所を知らず、国際線のパイロットのみならず、国際舞台で活躍するビジネスマン、ジャーナリスト、アスリート等、GMTマスターの活躍の場は拡大の一途を辿っている。